NPO法人日本トゥレット協会

拡大交流会

いつ:
2015年4月19日 @ 10:00 AM – 12:30 PM
2015-04-19T10:00:00+09:00
2015-04-19T12:30:00+09:00
どこで:
福祉財団ビル7階 大会議室
日本
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目43−11 福祉財団ビル
料金:
500円(会場使用料)一般参加の場合1000円(会場費込)
連絡先:
NPO法人日本トゥレット協会
03-6912-9625

~CBIT療法の体験談を伺いましょう♪~

詳細は会報37号送付時に案内のチラシを同封いたしたので、ご参照ください。
会員の集いですが、今回は会員のA様よりCBITに関するお話も伺うので一般参加も可能です。
会員以外の方は会場費500円のほかに、参加費として500円を徴収させていただきます。
事前申し込みが必要です。
4月1日から申込を開始します。
参加希望の方は下記のチラシ・申込用紙にてFAX送信または、メール、お電話(木曜日10:00~15:00)にてお申込みください。
電話/FAX 03-6912-9625
Eメール komai◎tourette-japan.org(◎のところを@に変えて送信してください・担当理事駒井)

拡大交流会2015CBIT←拡大交流会のチラシ(PDF)です。FAX申込用紙あり

以下PDFファイルの内容です。
拡大交流会のお知らせ
     ~CBIT※1の体験談をおききしましょう~
(裏面FAX申し込み用紙)
NPO法人 日本トゥレット協会

 平成27年度最初の東京での交流会は「拡大交流会」として、アメリカの先生※2からCBITを受けられたお子さんの親御さんの体験談を伺います。日本でも広まりつつあるCBITですが、研究が進んでいるアメリカの実態やスカイプを利用して実際に治療を受けられた効果などの体験談を通して、皆さんと情報共有し理解を深めていきたいと思います。治療効果は一人一人違いますが、何か一つでもヒントを得て日々の暮らしの改善に繋がることを願っております。会員・会員家族の皆様はもとより一般参加も可能ですので、たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。

※1 CBIT(Comprehensive Behavioral Intervention for Tics)とはチックの特徴を理解して適切に対応する方法を身に付ける行動療法のプログラムです
※2 Jan Rowe先生 前アラバマ大学作業療法学教授、米国で初めてCBITを作業療法に応用した第一人者。現在はアラバマ州立こども病院、理学・作業療法科 小児トゥレットクリニックでCBITを専門に臨床・研究されている先生です。
TSA-USAの MEDICAL ADVISORY BOARD(14名いらっしゃいます)のお一人です。


【日時】2015年4月19日(日)10:00~12:30(受付9:45~10:00)
【内容】・CBIT体験談 10:00~11:00
         当協会会員・TSA-USA(アメリカのトゥレット協会)会員Aさんのお話し
質疑応答(CBITを受けられたご本人・Aさんのお嬢さんも参加予定です)
    ・休憩 11:00~11:10(会場費などの集金もします)
    ・交流会 11:10~12:30

【場所】福祉財団ビル7階 大会議室
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-43-11 福祉財団ビル
<アクセス>JR大塚駅南口           徒歩約5分
      東京メトロ丸の内線新大塚駅     徒歩約8分

【参加者】日本トゥレット協会会員及び家族、トゥレット症候群、CBITについて関心のある方

【会費】会員と会員家族 500円(会場費として)中学生以下会場費無料
    一般参加 1000円(会場費+参加費)
 今回は東京ボランティアセンター会議室(使用料無料)の予約が取れませんでしたので、
事務局のある福祉財団ビル会議室が会場となりますので使用料のご負担をお願い致します

【参加申し込み】事前にFAXまたはメールにてお申込みください。定員50名
※先着順ですが、定員に達した場合は会員の方を優先させていただきますので予めご了承ください。
 申し込みについては裏面をご覧ください。4月15日(水)申し込み締切