NPO法人日本トゥレット協会

医療講演会2018「トゥレット症候群に対する最近の治療・支援の展開」

いつ:
2018年5月13日 @ 1:00 PM – 5:00 PM
2018-05-13T13:00:00+09:00
2018-05-13T17:00:00+09:00
どこで:
東京大学医学部附属病院 入院棟A・15階大会議室
日本、〒113-0033 東京都文京区本郷7丁目3−1
料金:
会員・会員家族1000円 非会員2000円
連絡先:
NPO法人日本トゥレット協会
03-6912-9625(木曜10:00~15:00)

医療講演会2018のお知らせ

「トゥレット症候群に対する最近の治療・支援の展開」

医療講演会2018「トゥレット症候群に対する治療・支援の展開」を下記の要領で開催いたします。協会会員をはじめ、トゥレット症候群の当事者やご家族、発達障害等にかかわる様々な支援者、職種の方々のご参加をお待ちしております。
今回は、トゥレット症候群に対する包括的な治療・支援の中の具体的な例として2つの方法を解説していただきます。これらの治療法は、トゥレット症候群の当事者の誰もが必要としているものでも、受ける必要があるものでもないでしょうが、トゥレット症候群の多様性や治療・支援について理解を深める上で参考になるのではないかと思います。

講演会終了後には懇親会もあります。例年、当事者の皆様やご家族の皆様の交流の場になっています。たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。

日時:2018年5月13日(日)午後2時~5時
場所:東京大学医学附属病院入院棟A 15階大会議室
(〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1)
東大病院アクセス
病院内略図
参加費:NPO法人日本トゥレット協会会員・会員家族 1,000円
会員以外 2,000円
※事前申し込み不要です、直接会場までいらしてください。
 参加費は当日受付にてお支払いください。

☆講演会当日の入会も可能です。入会されますと参加費は1000円になりますので、入会ご希望の方は受付にお申し出下さい。

プログラム
司会:金生由紀子(東京大学大学院医学系研究科こころの発達医学分野)
2:00~2:30 トゥレット症候群の特徴及び治療・支援の概要
金生由紀子(東京大学大学院医学系研究科こころの発達医学分野)

2:30~3:00 チックに対する包括的行動的介入(Comprehensive Behavioral Intervention for Tics: CBIT)について
松田なつみ(東京大学大学院医学系研究科こころの発達医学分野)

3:00~3:30 脳深部刺激治療(Deep Brain Stimulation: DBS)について
木村唯子(国立精神神経医療研究センター脳外科)

3:30~4:00 質疑応答

4:00~5:00 懇親会

 

↓医療講演会案内チラシPDF
医療講演会2018案内文