NPO法人日本トゥレット協会

お知らせカレンダー

事務局業務日やイベントのお知らせ等がご覧になれます

5月
21
2017
医療講演会2017「ライフコースに沿ったトゥレット症候群の治療・支援」 @ 東京大学医学部附属病院 中央診療棟2・7階大会議室
5月 21 @ 2:00 PM – 5:00 PM

今年度の医療講演会は「ライフコースに沿ったトゥレット症候群の治療・支援」と題し下記の要領で開催いたします。
今回は、幼児期・学童期、思春期、成人期というライフコースに沿って、トゥレット症候群の特徴を確認しつつ、治療・支援について説明いたします。その際には、発達的な観点を踏まえると共に、幼児期・学童期及び思春期に十分な時間を取ってお話しいたします。
協会会員をはじめとするトゥレット症候群をお持ちのご本人やご家族、トゥレット症候群にかかわる様々な支援者、職種の方々のご参加をお待ちしております。


日時:2017年5月21日(日)午後2時~5時
場所:東京大学医学附属病院 中央診療棟2 7階大会議室

(〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1)
入院棟Aの入口から進んでいくと正面に総合案内のカウンターがあります。そこから左手に少し進むとエレベーターが
ありますので、7階まであがってください。その後担当者が会場の案内をいたします。

参加費:NPO法人日本トゥレット協会会員・会員家族 1,000円
会員以外 2,000円

  ※事前申し込み不要 当日直接会場にいらしてください。 先着100名
問合せ先:NPO法人日本トゥレット協会
電話/FAX 03-6912-9625(木曜日10:00~15:00)
Email info◎tourette-japan.org(送信時◎を@に変えて送信してください)

プログラム
司会:金生由紀子(東京大学大学院医学系研究科こころの発達医学分野)
2:05~2:40 幼児期・学童期のトゥレット症候群の特徴及び治療・支援について
星加明德(北新宿ガーデンクリニック)
2:40~3:15 思春期のトゥレット症候群の特徴及び治療・支援について
新井 卓(神奈川県立こども医療センター児童思春期精神科)
3:15~3:30 成人期のトゥレット症候群の特徴及び治療・支援について
金生由紀子(東京大学大学院医学系研究科こころの発達医学分野)
3:30~4:00 質疑応答
4:00~5:00 懇親会

医療講演会2017
総会・医療講演会2017会場アクセス
注:7階の案内図はありません。エレベーター付近に案内のスタッフがおります。(7階エレベーターを降り、右手の廊下を突き当りまで進み、左に曲がるとラウンジがあります。そこから3つ目の会議室(大会議室)が会場になります)

6月
4
2017
かながわの集い・ミニセミナー「トゥレット症候群の医学的理解」 @ 横浜市中山地区センター 会議室A
6月 4 @ 10:00 AM – 11:30 AM

ながわの集い・拡大交流会のお知らせ
ミニセミナー    ~トゥレット症候群の医学的理解~

6月のかながわの集いは、ミニセミナーの形式で「トゥレット症候群の医学的理解」と題し、神奈川県立こども医療センターの新井卓先生にご講演いただきます。講演後、質疑応答の時間の中で皆様との交流を図りたいと思います。下記の要綱で開催し、ご本人やご家族のみならずトゥレット症候群にご関心をお持ちの方でしたらどなたでも参加可能です。たくさんの皆様のご来場をお待ちしております。

日時:平成29年6月4日(日)受付開始 9:30~
講演(質疑応答含む)    10:00~11:30
場所:横浜市中山地区センター会議室A
   神奈川県横浜市緑区中山町413-4 ハーモニーみどり4階
(場所注意!!今回は、毎回「かながわの集い」を開催している長津田地区センターではありませんのでご注意ください)
講師:新井 卓先生
(神奈川県立こども医療センター児童精神科部長)
参加費:会員・会員家族 500円
一般参加 1000円
参加申込: FAX 03-6912-9625 (協会事務局)
Mail inf◎tourette-japan.org(送信時◎を@に変えて送信してください)
参加者名、連絡先(携帯電話・メールアドレス)をご記入の上FAX
またはメールでお申し込みください。
★先着80名(定員を超えた場合のみ事務局から連絡します)
主催 NPO法人日本トゥレット協会
2017かながわの集い・拡大交流会のお知らせ2017.6.4-1

10月
29
2017
教育シンポジウム2017in名古屋 @ 愛知県産業労働センター ウィンクあいち(Winc Aichi) 1007会議室
10月 29 @ 1:00 PM – 4:30 PM

日本トゥレット協会教育シンポジウム2017in 名古屋
-トゥレット症、チックの理解と学校での配慮-

教育シンポジウムIN名古屋を下記の通り開催いたします。
事前申し込み不要です。
教育シンポジウムと銘打っておりますが、医学的な解説もありますので、チック・トゥレット症について初めて知った方もとても参考になると思います。
トゥレット症のことを知りたい、学びたいとお考えの方はどなたでも参加できます。
また、名古屋での講演会やシンポジウムは初開催です。
たくさんの皆様のご来場をお待ちしております。

<目的>「トゥレット症」とはチック症状が多様に現れそれが一年以上続くものです。チックには,まばたき・口を尖らす・顔しかめなどの「運動チック」と、咳払い・ノド鳴らし・鼻鳴らしなどの「音声チック」があります。本シンポジウムでは学校(通常の学級、特別支援学級、特別支援学校など)におけるトゥレット症候群及び発達障害の子ども達の理解と支援の在り方を検討することを目的としています。

日 時:平成29年10月29日(日) 13:00-16:30  受付12:30-

会 場:愛知県産業労働センター ウィンクあいち(Winc Aichi) 1007会議室
(〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38 TEL: 052-571-6131)

参加費:協会会員・家族会員 1,000円  一般 2,000円
(事前申し込みは必要ありません.参加費は当日受付でお支払いください)
定員:50名(先着順)

主 催:NPO法人日本トゥレット協会(℡03-6912-9625木曜のみ)
後 援:トゥレット研究会,名古屋市教育委員会

プログラム
13:00-13:15 会長挨拶    有澤 直人
13:20-14:20 基調講演 「トゥレット症の理解と対応(仮)」
岡田 俊氏(名古屋大学医学部附属病院 親と子どもの心療科 准教授)
14:30-16:00 シンポジウム
教育現場から:「特別支援学校におけるトゥレット症への対応」
田中美生子氏(大阪府立高槻支援学校 教諭)
協会からの報告:「理解啓発ハンドブックについて」
相澤 雅文(京都教育大学教授:トゥレット協会理事)
16:00-16:30 フリートークの懇親会(会員でなくても参加できます)

日本トゥレット協会教育シンポジウム2017チラシ(確定版)